オークションでトラブルに巻き込まれたらすべきこと

近年、インターネットの普及により、世界的に見ても利用者数は27億人を超えていると言います。日本は世界でも3番目という高い利用者数で、現時点で約1億人近い人がインターネットを利用しています。そんな中で、ネットオークションを利用する人も日に日に増えています。便利で手軽に利用できるという利点もありますが、その半面、相手の顔が見えないこともあり、トラブルに巻き込まれる人が増えているのが現状です。そういう場面に自分が遭遇した時に、対処法を知っておくのは重要なことです。もしもトラブルに巻き込まれたら、まずは相手と連絡を取る方法を探ります。もし連絡が取れた場合は、相手がちゃんと納品した、等の手続きの証拠を提示してもらいます。どうしても連絡が取れなかった場合は、専門家に相談し内容証明を送ります。その後、あきらかに詐欺だと判明したら警察に相談します。やり取りのメールなどは破棄しないで、大事に取っておいてください。立派な証拠になります。ひとりで解決しようとはしないで、専門家に相談するなどして対処してください。利用するときは、普段からトラブルに巻き込まれないように細心の注意を払って、品物の確認や相手の取引状況、特に「評価」は他の利用者からの大事なメッセージです。しっかり確認して巻き込まれないように注意しましょう。